BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

工場の撤去工事で重要な事とは?

2021/09/08

大規模なプラントやコンビナートなどが不要になった際は、当然ながら撤去工事を行う必要があります。
しかしこうした工場には危険な機械も多いですので、どのように撤去工事を行っているのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、工場設備の撤去工事において重要な事とは何か、撤去工事の方法も含めて解説していきます。

▼工場の撤去工事は事前調査が重要
工場は住宅や商業施設の建物とは違い、石油や化学薬品の入ったプラント、有害な廃液を貯めるためのタンクなど、処理に厳重な注意を必要とする設備が数多くあります。
そのため工場の撤去工事の際は、綿密な事前調査が欠かせません。
まずは工場の責任者から聞き取りを行い、その後で現地に赴いて実地調査を行います。

■撤去工事は業者の腕の見せどころ
工場の状態が把握できたら費用などを見積り、了承が取れれば実際の撤去工事に入ります。
工場も基本的には一般的な解体工事と同じく、重機を使って撤去工事を行っていきます。
しかし、危険な機械や薬品などをどのように撤去するかという手法は、工場の内容によってさまざまです。
撤去作業の中ではダイオキシンや重金属化合物など、いわゆる「危険物」の処理を行う必要も出てきますので、専門知識も欠かせません。

こうした時に、専門業者の腕が問われます。
いかに経験豊富で優秀なスタッフが在籍しているかにより撤去工事の安全性や速さも変わってきます。
ご依頼の際は評判などをしっかり精査していただくと良いでしょう。
有限会社橋本組でも、経験豊富なスタッフをそろえて工場の撤去工事に向き合っています。

▼まとめ
工場の撤去工事とは、ただ壊すだけでなく、その土地を新しく生まれ変わらせるための事業でもあります。
次の用途に正しく引き継ぐためにも、熟練の撤去技術を持つ業者を上手にご活用ください。