BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

配管工事で溶接が行われる理由とは

2021/05/05

配管工事で行われる溶接作業は「配管溶接」と呼ばれます。
この配管工事で溶接が行われる理由などについて見ていきましょう。

▼配管工事で溶接が行われる理由
配管工事で溶接が行われるのは、用途によっては、強度や耐久性が必要な配管があるからです。
一般的に、配管を接続する方法には「ねじ込み接続」「フランジ接続」などの接続方法があります。
しかし、ねじ込み接続やフランジ接続は圧力に弱いという特徴があるため、配管の種類によっては適さない場合があるのです。
そのため、水や液体などの配管には、圧力に強い「配管溶接」が行われる場合があります。
配管溶接にも、アーク溶接など様々な種類があります。

▼溶接作業を行ったあとは検査が行われる
配管溶接工は、安全に作業することが出来るか事前に確認をします。
さらに溶接後には破損などがないか、超音波や放射線を使った検査を行います。
この超音波検査や放射線検査を行うのも、配管溶接工の仕事の1つです。

▼まとめ
配管工事の内容によっては、この溶接の作業が非常に重要になってきます。
もし溶接を含む配管工事を依頼するのなら、高い技術を持つスタッフが作業を行う業者に依頼しましょう。
三重県の「有限会社橋本組」では、プラントやコンビナートなどの配管工事を行っており、多数の実績があります。
安全管理を徹底した上で、高い技術を持つスタッフが丁寧な作業を行いますので、配管工事がございましたら、ぜひお問い合わせください。