BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

配管工事を行う場合に鍛冶工事が必要な理由

2021/04/28

配管工事を行う上で欠かせないのが「鍛冶工事」です。
そこで鍛冶工事とは何をする工事なのかについて、分かりやすく紹介していきます。

▼鍛冶工事とは
「鍛冶」と聞くと、刃物などを作る仕事をイメージする人もいるでしょう。
しかし実際には、鍛冶の仕事にも様々な種類があります。
配管工事などに必要な鍛冶工事とは、鉄骨などをガス溶接やアーク溶接などで加工することを指します。
鍛冶工事を行う鍛冶工は、非常に高い専門性・技術・スキルが求められます。
必要な作業の中には、機械で対応できるものも含まれていますが、最終的な仕上げは職人が行います。
この技術を上達させるためには、多くの現場で実績を積むことになります。
さらに、対応する作業の内容によっては資格も必要です。

▼配管工事には鍛冶工事が必要
配管工事を行う場合は、溶接やガス切断などをして配管を的確に仕上げる必要があります。
そのため、配管工事においては鍛冶工事が欠かせないものとなっています。
配管工事の依頼を考えているのなら、鍛冶工事の技術が高い業者に依頼すると良いでしょう。

▼まとめ
配管工事を行う際、鍛冶工事も非常に重要であると言えます。
工事現場・プラント・工場などでの作業は、安全のためにも、高い技術が求められます。
三重県の「有限会社橋本組」では、配管工事の際に、高い技術を持つ鍛冶工職人が鍛冶工事を行っています。
配管工事をお考えなら、ぜひ丁寧な作業に定評がある弊社まで、お気軽にお問い合わせください。