BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

8tユニック車とは?メーカーが違っても操作方法は同じ?

2021/04/13

「搭載型トラッククレーン」は通称「ユニック車」と呼ばれており、2tユニック車・4tユニック車・8tユニック車などの種類があります。
そんなユニック車について簡単に見ていきましょう。

▼ユニック車とは?
荷台部分に車載クレーンを搭載しているのがユニック車です。
前述の通りユニック車とは通称でメーカーにより名称は異なりますが工事などでは通称で呼ばれています。
ユニック車は、高所に資材を吊り上げるなど、様々な用途で活躍しています。
使用している業種も、土木や運送など多岐に亘ります。
高所に資材を運搬するものとしてよく使われているのは8tユニック車です。

▼操作方法はメーカーにより異なる
ユニック車の操作方法は、メーカーにより違いがあります。
また操作には、運転免許の他に、移動式クレーン運転士免許の資格が必要です。
ユニック車の操作を行うためには、資格だけでなく、正しい技術と知識が必要です。
特に大きな物や重い物を扱う場合は、細心の注意をしなくてはなりません。
8tユニック車については、2tユニック車に比べて所有している会社が少ないと言えるでしょう。

▼まとめ
8tユニック車を所有しているのは、機械の設置などに特化した業者などです。
東海エリアで大型機械の設置や撤去を検討しているなら、「有限会社橋本組」までご相談ください。
高い技術と専門知識を持つスタッフが高所作業にも対応できる8tユニック車をはじめ、設置場所や状況に合わせた専用車両を使用しながら、丁寧かつ安全に作業をしております。